2018 - 2020 OKANOテーマ作品「縄文」

 

地球文様 - GAIA code -

OKANOでは、2009年から太陽・月・木・火・土・金・水をテーマに創作を続けてきました。2016年に「陰陽五行」を総括し、2017年には「風」をテーマに大きな旅立ちの決意しました。2018年からは、惑星間移動時代に備え、故郷の地球を文様で伝えるプロジェクトに取り組みます。文様は、文化と文明の凝縮されたメッセージ。文様を織る者として、「地球文様」(GAIA code)を探求します。
2018年 - 2020年のテーマは日本人のルーツである「縄文」。教科書で習った縄文は、原始時代の様なイメージがあるかもしれません。最近の調査で、世界の四大文明に並ぶ第五の文明であった可能性が高まってきました。1万年も戦いのない平和世界を築いたとされる縄文人。彼らの文様のメッセージを読み解きます。

「縄文鱗文」博多経錦御召

縄文の云われである縄目文様。蛇信仰の象徴ともされています。二匹の蛇が絡み合う姿から生命と再生の力を感じ取ったのでしょう。鱗柄は蛇の文様化。邪気を払う力があるとされています。

「縄文勾玉文」総浮本袋

勾玉は、生命の最初のカタチをしています。そして、緑色の翡翠を使用します。緑色は特別な意味があったのでしょう。自然と共存した縄文人は、海と空と山の緑(青)に恵みの力を感じたのかもしれません。

「七五三縄文」千織総浮

縄信仰が七五三縄(しめなわ)に受け継がれています。七・五・三は、天神七代・地神五代・日向三代の神々を表し、神の力でケガレを拒む力があるとされました。太陽神である天照大御神が再び御隠れにならないように岩戸を七五三縄で縛り付けたのが神話の時代の起源とされます。また、しめ縄に垂らす紙垂(しで)は、旧字「絲」の象形に見えるようにとの伝承もあり清浄を意味します。縄文と神話の関係にロマンを感じます。

「龍巻き絞り」夏きもの

縄文時代の縄信仰は、蛇の脱皮が再生を連想することから、縄は蛇の象徴として用いられたとされています。雌雄の蛇が絡み合う姿は、DNAの螺旋のようでもあり、2本の縄が絡み合ったものが七五三縄(しめなわ)の由来だとも云われています。竜巻絞りは、その縄を芯に使った絞りの伝統技法で、らせん状にきっちりと巻きつけられた制作工程は、龍(=蛇)が天を目指して登る姿を連想させます。京都の老舗「藤井絞」とのコラボ作品です。夏きもの・浴衣としてもご着用いただけます。

「涼薫_縄結」名古屋帯

OKANOの夏帯の定番、涼薫で縄の結び目をデザインしました。日本は「結び」の文化です。イザナギ・イザナミの国産みの儀式も「結び」で行われましたし、ムスコ・ムスメの語源も「ムスビ」とされています。新しい命が誕生するエネルギーが結び目に宿るとも云われています。また、「ご縁を結ぶ」「結びの一番」など日本の日常には「結び」が溢れています。着物も帯結びで決まりますよね。

「縄時雨(なわしぐれ)」博多経錦紬

縄目を土に押し当ててできる跡を時雨のような縞で表現しました。それぞれの縄目文様には、祈りの痕跡をみることができ、縄文人は、祈りながら作業をしていたようにも思えます。数万年の時を超えてこのコードを読み解くことはできるのか。デジタル信号のようにも見える本作品は、縄文からのメッセージをデザインしました。伝統的工芸品にも指定されている博多経錦紬は、たて糸を基本とする希少な織物です。

「しころ_白双蛇(しろそうじゃ)」名古屋帯

縄文人が信仰の対象としていた可能性が高い蛇。蛇の中でも白蛇は、特に縁起の良い神聖なものとされ、現在でも多くの神社で祀られています。白蛇に見立て、絹糸を撚り合わせた縄を織り込んみました。うろこ柄の様に見える風合いは、OKANOの「しころ」という織物で表現しました。たて糸を捩りながら織る技術は世界でも珍しいものといえます。

取扱い店舗

住所:〒104-0061 東京都中央区銀座6-10-1 GINZA SIX 4F
TEL:03-6274-6286
営業時間:10:30~20:30
定休日:施設カレンダーによる

〒106-0032
東京都港区六本木6-10-2 六本木ヒルズ けやき坂通り
TEL:03-5770-6540
営業時間:11:00~21:00
定休日:年中無休(施設カレンダーによる)

〒812-0027
福岡市博多区下川端町3番1号 博多リバレインモール B1F 
TEL:092-283-8111
営業時間:10:30~19:30
定休日:1月1日


NEWS/EXHIBITION


NEWS

EXHIBITION


FEATURE


新商品やイベントなどの最新情報をいち早くお届けいたします


商品について

 

  • コレクション
  • コラボレーション