スタッフオリジナル配色帯

ものづくり から スタイリング提案 まで一貫して行う 私たちだからこそ、伝えたい物語があります。

去年に引き続き、今年は、5名の着物スタイリストが、職人と対話しながら ものづくりを手掛けました。

七夕の語源は、 「棚機津女(たなばたつめ)」と呼ばれる女性が、「棚造りの小屋」にこもって俗世から離れ、天から降りてくる水神に捧げるための神聖な布を織った、という日本古来の習慣に由来すると言わていれます。

古くから大事にされてきた、この機織りを 受け継いでいく意義を見つめ直すため、この七夕の時期に、職人、スタイリスト、そしてお客様へとメッセージを繋げていきたい、という想いを込めた企画です。

OKANOの5名の着物スタイリストが配色をし、自社の工房で織り上げた 限定の博多織の帯をご紹介しております。

5名の着物スタイリストによる こだわりの帯。

日々、伝統のものづくりを受け継ぐ誇りあるメーカーの一員として 店頭に立つ、当店の 5名の着物スタイリストが、限定の博多織の帯をつくりました。

博多店、六本木店それぞれの店頭で、着物スタイリストとして日々積み重ねた経験や想いを形にしています。
自分たちが、お客様にご提供できる事はなにか、ものづくりの根幹に真剣に向き合い、技術面でも細部までこだわり抜いて制作しました。
その思いを、自社の工房の職人とじっくり話し合い、互いに伝え合うことで、新しい5本の帯が完成しました。

5名スタイリストのこだわりの帯が、自社の工房から生み出され、お客様と素敵な出会いを果たすことを願っています。

六本木ヒルズ店 
着物スタイリスト 戸島貴幸


今回の配色は、男帯へ仕立てても格好よく、また直線的な雰囲気で無地系がお好きな女性が男前なコーディネートでお締め頂く帯を…との思いで配色いたしました。
色数少ない配色で 濃い色の帯が仕上がるように何度も打ち合わせをして織上がった一本です。

コーディネートでは、思い切った洋の色合わせをお楽しみ頂きたいです。黄色・ショッキングピンク・銀色の帯締めなどで是非合わせて下さい。
角帯にお仕立て頂きますと、よりシャープさが際立ち、都会的で上品な帯になると思います。
お着物に慣れてこられたメンズの二本目・三本目の角帯にいかがでしょうか。

(画像3枚目/一番左)

六本木ヒルズ店 
着物スタイリスト 秦美佐子


今回は、柄の引き立つ配色にしたいと考えました。

単色の絹糸で見るとかなり強めにみえる色を選び、経糸と緯糸の重なりでどのように色が変化するのかドキドキでしたが、織り上がると想像以上に素敵で私自身がときめいてしまいました。

暑さの残る9月~11月、少しずつ暖かくなる3月~5月に爽やかなコーディネートを楽しんで頂きたいという気持ちを込めて配色しております。

(画像3枚目/左から二番目)

博多リバレイン店
着物スタイリスト 小松年美


ジュエリーからヒントを得て、ピンクとグリーン、紫の透明感のある配色を目指しました。
日本色にはない色、古典色にはない色 をコンセプトに、どのような織り上がりになるのか、私自身とても楽しみながらの制作になりました。

意外性もありながら、宝石のようにきらめく、ドキドキ感のある配色になりましたか?

(画像3枚目/真ん中)

博多リバレイン店 着物スタイリスト 小樋佳那子


今回の帯は、綺羅絵緯シリーズ。
配色のテーマは『ビタミンカラー』です。結んで楽しく、元気になれる配色にしました。

ベースに、ゴールドの緯糸をあしらいました。程よい金糸の光沢が、大人の女性のカジュアルな装いにぴったりです。和の装いに合わせやすいように、イエローとグリーンは敢えてビビッドトーンではなくブライトトーンにしました。お持ちの小物(帯揚、帯締)にも合わせやすいと思います。

柄は更紗です。気軽な小紋に合わせて観劇、江戸小紋や附下小紋でパーティー、お茶会、美術館めぐり、モダンな小紋でランチ、大島紬や博多紬で街歩きなど色々なシーンでお締め頂けます。
小物(帯揚、帯締)に、白、オレンジを添えて爽やかなコーディネートは如何でしょうか。季節は、7、8月の盛夏を除く3シーズンと、長くお楽しみ頂けます。

使い易さ(締めた後、手アイロンで皺が伸びます)は、意匠士さんによる前向きな姿勢、締めやすさは、日々の環境の変化に対応出来る熟練した織り手さんの技によるものです。
是非、お気に入りの一品(逸品)になりますように。
是非、店頭にて皆様のご意見をおかせくださいませ。
(画像3枚目/右から二番目)

博多リバレイン店 着物スタイリスト 政元未緒


今回の帯を配色するにあたって、青海波の響きから私の思う海を表現したいと思いました。

私は海から遠く離れた土地に生まれ、盆地で育ち、野山に囲まれていました。だから海というものに畏怖の念を抱いていました。深く広い限りがないものの象徴だと。
時には穏やかで、時にはものを寄せ付けない強さで、変幻しては総てを包むものに思えていました。
それを色に表現したいと思えば思うほど難しく、しかし軽く彩っても、海は海だったようです。
深く潜れば光も届かず、浅く浮いては波に乗る。
ものを近くで見れば焦点合わず、離れて見てももはやなにかわからないもの。奥行きと深さが表現できたと思います。

縦糸が墨色なので、深く落ち着いた帯に出来上がりました。こだわりで藤色を入れました。そこはかとない女性らしさをプラスしています。
紬や、お召しに合わせて深みのあるコーディネートをご提案したいと思います。
何気ない日常に藤色のアクセントを入れ、強さと深さと、女性らしさを匂わせて欲しいです。
(画像3枚目/一番右)


LIMITED ITEM


OKANO スタイリスト オリジナル配色帯

各スタイリスト、オリジナル配色 各1色、六本木ヒルズ店、博多リバレイン店それぞれの店頭で1本限定販売。

店舗限定販売です。実際にお手にとって スタイリストのこだわりをお確かめください。
2017年7月1日(土) ~ 販売開始


販売店舗


awai by OKANO 六本木ヒルズ店 
〒106-0032 東京都港区六本木6-9-1 六本木ヒルズ 六本木けやき坂通り 1階
TEL    03-5770-6540

OKANO 博多リバレイン店
〒812-0027 福岡市博多区下川端町3番1号 博多リバレインモール B1F 
TEL    092-283-8111


新商品やイベントなどの最新情報をいち早くお届けいたします


商品について

 

  • コレクション
  • コラボレーション

この内容で送信します。よろしいですか?