語り継がれる祈りの紋様 KAI

OKANOのジャパン・スカーフを代表するシリーズ「KAI(回)」は、博多織の代表的な紋様である「独鈷華皿紋様」を織りではなく、光沢の美しいサテンクレープというシルク素材に、友禅型を用いて手捺染により表現した伝統紋様を継承する一品です。

博多織の開祖である満田弥三右衛門は、1241年に聖一国師の助言に従い法具である「独鈷」と「華皿」を用い、そこに「縞」を配した紋様を創ります。これは、独鈷という密教の法具を砂の上でコロコロと回転させてできた軌跡を紋様化した回転紋様で、「廻りて回る輪廻転生」のメッセージとされています。

また、元々武器であったものが法具へと昇華された独鈷は、「煩悩を打ち砕く」「厄除け」「守護」の意味も込められています。華皿は、仏を供養する際の花を散布するときに用いられる器で供養の心を伝えています。太い縞が細い縞を挟む親子縞は親が子を慈しみ守る姿を、細い縞が太い縞を挟む孝行縞は、子が親を尊び守る姿を表しています。

織物の伝統紋様から型染めの伝統紋様へと表現方法を移行する過程で付け加えられた日本古来の技法がもう1つ存在します。それが、大和絵に見られる平行四辺形の構図と大和比率。

源氏物語絵巻など平安時代の国風文化の時期に発達した大和絵の様式で、斜上から俯瞰した構図となります。グラフィカルな紋様は、あたかもアール・デコ・デザインのように見受けられますが、このモダンデザインの原点はなんと千年以上も昔の日本にあったことが新鮮な驚きです。

しかし、直線だけの紋様を12版の色を重ねて実現するには、0.1mmの調整を繰り返した繊細な職人技があればこそ。OKANOの誇るチーム・ジャパンだから成し得た誇り高き仕事です。

日本の伝統的な衣装である着物の紋様は、正倉院に納められた聖武太上天皇の遺愛の品々をルーツとしています。それらは世界各地から献上された最高級品に施された紋様であり、世界各地で受け継がれてきた歴史ある紋様です。日本に渡り宝物とされた品々は、平和を祈願して国境を超えてきた紋様として、1200年余りの歳月を重ねて今に伝えられています。

私たちは、今再び歴史と伝統ある紋様によって国境を超え、平和を祈願するメッセージを伝えて参ります。

 

OKANO120周年記念特集 博多織の物語

博多織の起源と開祖

OKANO 120年の軌跡

OKANOの「千織」「総浮」

語り継がれる祈りの紋様

 

OKANO120周年記念 店頭キャンペーン


OKANO120周年記念 博多織認知アンケート

店頭では、OKANO120周年を記念して手機による「千織」と代表的な献上柄の「総浮」のバリエーションをご用意し、本物の博多織を手にとっていただける「OKANO120周年記念キャンペーン」を開催しております。

また、キャンペーン期間中、「博多織認知アンケート」を店頭に設置しております。ご協力をお願い致します。

* 「博多織認知アンケート」は、2018年に777年を迎える博多織の現代の認知度を確認するために博多織工業組合が実施するアンケートです。

【開催期間】    ~ 2017/9/30 (土)

 
OKANO120周年記念 「KAI」キャンペーン

◇スカーフ 「KAI」 お買い上げでもれなく 「KAI 水洗い無料券」 プレゼント

シルクスカーフの選択表示はドライクリーニングが基本です。
しかし、汗など水溶性の汚れは、ドライクリニングではすっきり落ちないもの。
OKANOではKIMONOの丸洗い技術を生かした、スカーフの水洗いサービスを期間限定でお受けいたします。

日本の職人技術を生かしたスカーフと日本独自のシルクの水洗い技術を同時にお試しいただけるチャンスです。

ぜひ、この機会にお試しください。

【開催期間】    2017/7/15 (土) ~ 2017/8/15 (火)

【水洗い受付期間】 2017/10/31 (火)


SHOPLIST

GINZA SIX店

六本木ヒルズ店

博多リバレイン店

本社工房

新商品やイベントなどの最新情報をいち早くお届けいたします


商品について

 

  • コレクション
  • コラボレーション