「博多織求評会」記念 OKANO博多織100選

秋の新作紬「天空」と 名古屋帯「ひとひら」

OKANOのルーツは博多織の織元です。福岡の工房では、770年あまり続く博多織の歴史が、今日も機音を響かせながら刻まれていきます。
博多では、毎年11月に博多織の新作を一堂に集めた品評会を「承天寺」で開催します。承天寺は、1241年に太宰少弐・武藤資頼が円爾(弁円、聖一国師)を招聘して創建された寺院であり、聖一国師とともに宋に渡り織物・麝香・素麺・金箔・朱を持ち帰り、これらの製法を広めたと言われる満田弥三右衛門の墓もあり、博多織発祥の地と言われています。
弥三右衛門は、当時の最先端技術である5科のうち4つの技術を多くの人に広めましたが、織物だけは家伝の秘法とし、聖一国師に相談して作られたのが770年あまり続く独鈷華皿紋様(献上柄)の博多織です。

織物はタテ糸を中心に織る経錦(タテニシキ)とヨコ糸を中心に織る緯錦(ヨコニシキ)に大別され、経錦は博多織が、緯錦は西陣織が有名です。経錦の博多織の帯には、縞の構成が多いことと全通が多いことが特徴です。OKANOの織物は、タテ糸とヨコ糸でベースの組織をつくりながら同時に地柄を表現する3次元構造の設計図と職人の機微と勘を要します。伝統の技法を研鑽しながら新たな織組織の開発にも積極的に取り組み様々な表現方法を編み出しています。

11月は、OKANO店頭でも「博多織求評会」の開催に合わせまして、様々な博多織のご紹介をしております。

第114回博多織求評会(2016年)内閣総理大臣賞 八寸名古屋帯 千織 小林総浮

OKANOの博多織を一部ご紹介します。
オンラインショップでご覧いただける商品のほか、店頭限定商品もございますので、是非お手にとってお確かめいただければ幸いです。
 

OKANOの博多織 - 名古屋帯

ひとひら

ひとひら 波々 桜

名古屋帯
技法:絵緯博多
よろけ風の動きのある地紋は表情豊かで、博多織では珍しいポイント柄のモチーフが立体的に浮き立ち存在感を放ちます。

 
ひとひら

総浮 五福

名古屋帯
技法:総浮

通常の献上は2,800本ほどのタテ糸数ですが、OKANOの献上柄は6,000本。浮け経を二重三重に使用することで重厚感のある仕上がりとし、技法も総浮で伝産登録しています。

ひとひら

浮紋 画遊

名古屋帯
技法:重ね織

タテ糸を浮かして紋様を表現する伝統的な博多織が得意とする技法を進化させ、平織りと紋織りの良さを生かしたオリジナルな織り組織。

※こちらは店頭のみでの販売となります。

商品については、こちらからお問い合わせくださいませ。

 

ひとひら

しころ 絹波

名古屋帯
タテ糸を捩ったように歪めながら織ったオリジナルな織り組織。錣(しころ)とは、兜の下、後頭部を保護する覆いのことで、背後からくる邪気から身を守るという願いを込めています。

※こちらは店頭のみでの販売となります。

商品については、こちらからお問い合わせくださいませ。

 

ひとひら

しずく 雨情

名古屋帯
ビロード生地を作るのに使われる輪奈織の表現方法を元に開発した織物で、小さなループ状になった部分が雫のように見えることから名付けられました。

※こちらは店頭のみでの販売となります。

商品については、こちらからお問い合わせくださいませ。

 

ひとひら

綺羅絵緯 更紗調

名古屋帯
技法:絵緯博多

伝統的な博多織の技法である絵緯に金糸・銀糸を合わせたきらめく織物。名古屋帯でありながらドレス感覚でセミフォーマルなシーンにも対応可能です。

※こちらは店頭のみでの販売となります。

商品については、こちらからお問い合わせくださいませ。

 

ひとひら

絹組 積子

名古屋帯
技法:絵緯博多

多くの絹糸をタテとヨコに使用する博多織の特徴を生かし、幾何学柄に絹糸を組み上げました。3Dのように見える幾何学の面白さが特徴です。

※こちらは店頭のみでの販売となります。

商品については、こちらからお問い合わせくださいませ。

 

ひとひら

網代 編竹

名古屋帯
技法:重ね織

網代とは、網の代わりという意味で、檜皮・竹などを薄く削って斜めに編んだもので、垣根・屏風・天井などに使用されます。網代が実際に組まれているように見える織りの立体感を実際にご覧ください。

※こちらは店頭のみでの販売となります。

商品については、こちらからお問い合わせくださいませ。

 

 

OKANOの博多織 - 袋帯

ひとひら

Tokyo Mosaic 華硝子

袋帯
ヨコ糸で地紋を追っているため発色が豊かであり、タテ糸で柄を織りだしているため、絹そのものの光沢が美しい、タテ錦とヨコ錦をバランスよく混ぜたオリジナルの織物。

 

OKANOの博多織 - 着尺

ひとひら

博多経錦紬 天空

着尺 紬
献上柄を地紋に織り込みながら、先染めの経糸を微妙に変化させた整経暈しという手法で、空の色の移り変わりをグラデーションで表現しました。

※こちらは店頭のみでの販売となります。

商品については、こちらからお問い合わせくださいませ。

 

ひとひら
 

博多経錦紬 献上

着尺 紬
博多織の産地でも着尺を生産している織元は少ないです。OKANOの博多経錦紬は、タテ糸を3,840本と多めに使用しています。紬でありながらタテ糸で柄を構成しているので、光沢の美しさが特徴です。

※こちらは店頭のみでの販売となります。

商品については、こちらからお問い合わせくださいませ。

 

ひとひら
 

博多経錦御召 献上菱

着尺 御召
紬同様多くのタテ糸を使用した強撚糸の絹糸を使用した博多経錦御召は、張りのあるサラリとした風合い。御召とは、徳川十一代将軍家斉が好んだことから命名されました。

※こちらは店頭のみでの販売となります。

商品については、こちらからお問い合わせくださいませ。

 


店舗イベント情報


博多織の帯100選

11月10日(金)~26日(日) │献上柄をはじめ、様々な博多織の帯を取揃えてご紹介いたします。

 

新商品やイベントなどの最新情報をいち早くお届けいたします


商品について

 

  • コレクション
  • コラボレーション

この内容で送信します。よろしいですか?