日本最高峰の技術を結集した究極の振袖 「鳳凰 01」つげ一稲 作

若い女性の第一礼装である振袖は、職人の最高の技を披露する場です。KIMONO Production OKANOでは、日本の最高峰の技を結集した一品ものの振袖を毎年発表して参ります。

振袖の制作を通して、職人がより技を高め、次代へと技術を繋げることをパトロンの皆さまと共有していきたいと願っております。

こちらの振袖「鳳凰01」は、OKANOのキャラクターである鳳凰を全面にデザインした格式高い一枚となっております。鳳凰は、吉兆の時に現れる神獣と言われ、天皇家の紋様「桐竹鳳凰」にも使用されています。また、鳳は雄、凰は雌と陰陽を現すともされ、夫婦円満の吉祥紋様ともされています。

地色の黒には濃紫、濃紫には赤、赤には濃紫の波模様が手描きで描かれた豪華な総絵羽模様の振袖です。裏地まで柄合わせした総柄の糸目友禅は、職人の繊細な手仕事による優れた技の結晶です。

制作は、OKANOのチーフデザイナーであり、友禅作家でもある伝統工芸士「つげ一稲」によるものです。

糸目友禅の素晴らしさと錦糸による刺繍の美しさをぜひ実際にご覧ください。

素材:正絹
技法:糸目友禅
価格:10,000,000円(税抜)


CRAFTMAN


つげ 一稲 (つげ いっとう)

京都の壬生で生まれ育ち、18歳から手描友禅の着彩に従事。22歳で日本工芸会正会員 谷口泰祥氏に師事。その後、独立し、1989年から京都彩芸美術協同組合に入会。彩芸展にて京都府知事賞、経済産業省製造産業局長賞など、数々の賞を受賞。

「絵画的な要素を取り入れて、立体感や空気感を描き出すことを大事にしています。」

新商品やイベントなどの最新情報をいち早くお届けいたします


商品について

 

  • コレクション
  • コラボレーション