千織 あれこれ No.1 葛飾北斎 富獄三十六景

OKANO120周年を記念して「千織」コレクションを公開

OKANOでは、本物の博多織を後世に残したいという強い想いから、手機により千本を織り上げ博多織の貴重な資料として保存する取り組みを「千織」と名付けアーカーブ事業として限定生産をしています。

OKANO GINZA SIX店では、そんな貴重な千織コレクションの一部を期間限定で紹介しております。

様々なテーマをもって織り上がった博多献上のコレクションをお楽しみください。

ひたすらに絵を描き続けた江戸時代後期の絵師、葛飾北斎。

モネやゴッホなどヨーロッパの印象派の画家に多大な影響を与え、1999年には、アメリカの雑誌「ライフ」の企画「この1000年で最も重要な功績を残した世界の人物100人」で、日本人として唯一86位にランクインしました。

その北斎の代表作「富獄三十六景」全46図の中から最も代表的な3点を抜き出し、各名所絵(浮世絵風景画)をイメージした配色で手織により献上柄の帯に織り上げました。

OKANO GINZA SIX店にて、実際に名所絵からの配色の妙をご覧いただくことが可能です。

ぜひ、店頭にて手織の風合いをお確かめください。

三十六景・神奈川沖浪裏

現在の横浜本牧沖から富士を眺めた図です。

巨大な波と翻弄される舟の背景に富士山が描かれています。北斎が長年に渡って描いてきた波の作品の中でもダイナミックな構図と静と動が交錯する画面は圧巻の一図です。北斎の作品の中では最も有名であり、世界で知られる最も有名な日本美術作品の一つです。

三十六景・凱風快晴

「神奈川沖浪裏」と共に同シリーズを代表し、北斎の代表作の一つとして名高い作品です。

「凱風」とは『詩経』にある言葉で、夏に吹く柔らかな南風を意味します。
本図は「赤富士」と通称され、夏の早朝に日を受けた富士の山肌が赤みを帯びた一瞬の様子を捉えているとされています。

三十六景・甲州三坂水面

甲府盆地から河口湖へ抜ける御坂峠から望む逆さ富士。
穏やかな湖面と落ち着いたたたずまいの村落によって、静謐な景観となっています。実体の富士は夏であるのに、湖面に映る姿は雪をいただき、左にずれて描かれています。本来、逆さ富士は河口湖畔まで来ないと確認できません。北斎の奇抜な発想と構成力がよく現れている一枚です。


NEWS/EXHIBITION


NEWS

EXHIBITION


FEATURE


新商品やイベントなどの最新情報をいち早くお届けいたします


商品について

 

  • コレクション
  • コラボレーション

この内容で送信します。よろしいですか?