FEATURE

特集


秋の新作紬「天空」と 名古屋帯「ひとひら」

OKANOのこの秋の新作紬「天空」は、献上柄を地紋に織り込みながら、整経暈しという手法で、先染めの経糸を微妙に変化させることにより、ぼかし織りによるグラデーションで空の色の移り変わりを表現しました。名古屋帯「ひとひら」は、よろけ風の動きのある地紋に、ポイント柄を配した博多織では珍しい一品です。

2017 A/W新作 先行発表 UTSURO BIRD

オープニングで日本の鳥シリーズ(キジ・クジャク・ツル)を発表した「UTSURO BIRD」に、新色が登場します。 今シーズンは、世界中の美しい鳥の体色を暈し染めのグラデーションと繊細なシルクシフォンの透明感で表しました。京友禅の引き染工房の刷毛暈しによる職人技が冴え渡るシリーズです。

千織あれこれ No.2 能装束

能に使われる衣装を、能装束(装束)と呼びます。代表的なものは、女性役の上着として用いられる「唐織(からおり)」で、伝統的で格式があり、絢爛豪華さにおいて世界の舞台衣装の中でもトップクラスといえます。

OKANOレセプションスナップ

2017年4月20日のGINZA SIXグランド・オープンを控え、先行して行われた「OKANO オープニング・レセプション」では、200名を超える方々がお集まりくださり、賑やかにオープニングを飾ることができました。

OKANOの「絵緯」

織物はタテ糸を中心に織る経錦とヨコ糸を中心に織る緯錦に大別されます。経錦は博多織、緯錦は西陣織が有名です。

新商品やイベントなどの最新情報をいち早くお届けいたします


商品について

 

  • コレクション
  • コラボレーション

この内容で送信します。よろしいですか?