しっとりと紫陽花を愛でる寺社巡り

梅雨時だけの楽しみといえる「あじさい寺巡り」。古刹と雨に濡れる紫陽花は、この時だけの風情を醸します。雪輪柄の夏帯を紫陽花に見立てた「見立てのコーディネート」。モノトーンに帯揚げと帯締めの小物であじさい色を差した小粋なコーディネートで。

 ※画像クリックで拡大

着尺:博多経錦紬 天空 朝月夜

月が残る明け方の空の色の移ろいをぼかし織りによるグラデーションで表現しました。

帯:名古屋帯 涼薫 雪輪

夏物独特の技法である「片綟り(かたもじり)」を用い、特徴的な透け感ある仕上がりが涼しげです。 

帯揚:絽二色暈 帯揚 夏新色

丹後で絽織りの白生地を製織し、暈し染めは1点1点京都の職人による手染めです。 

帯締 :三分紐 綾竹遠州 無地  帯留:禄

リバーシブルでコーディネートが楽しくなる三分紐。裏表で印象的な二色の組み合わせ。

※「詳しくみる」のご案内がない商品については、店頭のみでの販売となります。商品については、こちらからお問い合わせいただけます。

2018.6.3


NEWS/EXHIBITION


NEWS

EXHIBITION


FEATURE


新商品やイベントなどの最新情報をいち早くお届けいたします


商品について

 

  • コレクション
  • コラボレーション