着物で芸術鑑賞

紬で美術館

黄昏時の空の色を写し取ったグラデーションは、先染めのたて糸のみで表される博多織ならではの縞分けの方法で、別名「鰹縞」とも呼ばれます。黄昏時のラベンダー色に更紗柄の黒地の帯は、歴史香るレトロな西洋建築の美術館と相性抜群。モダンなインテリジェンスを感じます。

 
着物 ) 博多経錦紬 天空 黄昏
帯 )  名古屋帯 綺羅絵緯 更紗調 花の縁
帯揚 ) 縞地二色暈 白茶×赤紫
帯締 ) 綾竹遠州 白×桃

 ※画像クリックで拡大

着物 )博多経錦紬 天空 黄昏
「鰹縞」とも呼ばれる、先染めのたて糸のみで表される博多織ならではの縞分けの技法。

帯 )名古屋帯 綺羅絵緯 更紗調 花の縁
伝統的な博多織の技法である絵緯に金銀糸を合わせた、更紗柄の名古屋帯。

帯締)綾竹遠州 白×桃
16,200円(税込)
厚みを抑え、都会的にすっきりと、リバーシブルで使える帯締。

帯揚)縞地二色暈 白茶×赤紫
16,200円(税込)
生地からこだわって制作した、二色暈しの美しいオリジナルの帯揚。

※「詳しくみる」のご案内がない商品については、店頭のみでの販売となります。商品については、こちらからお問い合わせいただけます。

2018.2.1


NEWS/EXHIBITION


NEWS

EXHIBITION


FEATURE


新商品やイベントなどの最新情報をいち早くお届けいたします


商品について

 

  • コレクション
  • コラボレーション