着物でお出かけ

紬でランチ

春めいてくると優しい色合いの装いに心ときめくもの。縞柄の紬に無地感覚の切子硝子の名古屋帯で上級者風のワントーンコーディネート。明るい色合わせは、気のおけない女友達とのランチにぴったり。
春色の装いでおしゃべりも弾みます。

 
着物 ) 博多経錦紬 献上
帯 )  名古屋帯 光彩切子
帯揚 ) 縞地二色暈 黄×桃
帯締 ) 手組ゆるぎ 青緑

 ※画像クリックで拡大

着物 )博多経錦紬 献上
献上柄が織り込まれた、希少な博多織の紬。

帯 )名古屋帯 光彩切子
無地感覚の切子硝子の名古屋帯。

帯締)手組ゆるぎ 青緑
16,200円(税込)
手組ならではの締めやすさと、品のある上質な佇まいの帯締。

帯揚)縞地二色暈 黄×桃
16,200円(税込)
生地からこだわって制作した、二色暈しの美しいオリジナルの帯揚。

※「詳しくみる」のご案内がない商品については、店頭のみでの販売となります。商品については、こちらからお問い合わせいただけます。

2018.2.1

新緑の小旅行

少し早めの軽やかな春単衣の出番です。吉野格子柄の「しころ」は、タテ糸の所々にある溜まりが雨のしずくのように可愛らしい表情豊かな名古屋帯です。

仲良しとワークショップ

紬・時津縞は、好調の時に吹く風、時津風の意味合いを込めて作りました。合わせた帯は、博多織の代表作・献上博多帯。 一般の献上帯よりタテ糸の本数が2,000本多く、7,370本の総浮の組織で織上げています。

風に吹かれて

風を受け海原を走る帆船を織り上げた袋帯は、天目という技法を使い金糸を網目模様に織り上げています。着尺は、タテ糸で作るグラデーションとヨコ糸のゆらぎが、朝まだ明けきらぬ一瞬の時を表現しています。

大人の帯合わせで観劇

博多織定番の独鈷華皿紋様に黒田如水が薄羽織として愛用したとされる官兵衛格子をあしらいました。個性的な歌舞伎柄の名古屋帯は、探しても見つかりにくい出逢いの逸品。

陶器市へ初夏のショッピング

初夏の陶器市に絵付けを思わせる正倉院柄を組み合わせてみました。清々しい薄グレーの縞分け紬に、少しだけ畏まった柄感のある帯を合わせて清楚な佇まいでおすまししてみては。


NEWS/EXHIBITION


NEWS

EXHIBITION


FEATURE


新商品やイベントなどの最新情報をいち早くお届けいたします


商品について

 

  • コレクション
  • コラボレーション

この内容で送信します。よろしいですか?