メールマガジン

新商品やイベントなどの最新情報をいち早くお届けいたします

鎧を纏う

二色に織り分けられた男帯。生成りの糸を使用して、絹糸本来の風合いを活かし鎧の縅(おどし)の部分を表現しています。鎧は、戦いから身を守る大切な装束で、その一部を帯として締めることにより、護身の願いが籠もります。